時間密度を濃くして、あなたの未来を引き寄せるお手伝いをします

トレーニング記録とベルギー戦 2018年7月3日

フィットネス日記

今日の1日は長いですね。

しかも暑くなって来ているので、熱中症にはお気をつけください。

 

九州の方では台風による大雨の被害が出ているようで、すっかり夏の空気感に変わりました。湿気との戦いの日々が続きます。

日差しも強くなってくるので、信号待ちとかは木陰に隠れるようにしたり少しずつ気をつけるだけでけっこう違いますね。

 

トレーニング記録

 

・バイク     200kcal

・筋トレ     上半身5種×10回 3セット

・腹筋      3種×30回 3セット

・ウォーキング  270kcal

 

昨日に引き続き非常に調子よくトレーニングができました。

バイクとウォーキングの有酸素運動は、だいたい500kcalぐらいの消費はできるようになって来ました。

ウォーキングの負荷だけは当初よりも少し軽めにしているので500kcalを少し切るぐらいでこれからはいくと思います。

 

筋トレは毎回筋肉痛に苦しむのですが、今日はやけに軽くメニューをこなせました。

すでに成長しているなと勝手に理解しています。なんだかんだで上半身の筋トレは厳しくて、けっこうプルプル来ながらやっていますが、それが少し楽になるって成長ですよね。

 

プロテインの効果がすごいということでしょうか?

現在では、レベル関係なくトレーニング後にプロテインを飲むのは当たり前と言われているのが良くわかります。今お考えの方は、飲んだ方がいいですよ。

 

プロテインについてはコチラ

 

ベルギー戦

 

予定通りに4時に起きることができました。

テレビをつけた瞬間、乾選手のゴールだったのですぐに飲み込めませんでしたが、まさかまさかの2-0で驚きましたが、最後は本当に残念ですけど、サッカーの醍醐味でもありますね。

 

最後のコーナーキックのボールについて、イタリアの名将と言われる1人の方が、「最後の最後にキーパーにキャッチされる可能性のあるボールを蹴るなんて俺だったら首根っこ掴んで引きずり回している」とコメントしていたようです。

確かに次の可能性を潰すという観点では、そういう見方もあるのかと勉強になりますね。

 

しかしながら、あのアディショナルタイムに入ってから日本が追加点を取りそうなニオイがプンプンしてなかったですか?!

けっこう簡単に崩せているし、フリーキックも取っていいコースにも蹴り込むことができていましたから。

「これは最後に行ける!」って誰もが思っていたと思います。

 

難しいですよね。

本当に今までで一番良いチーム状態で迎えたのではないでしょうか。

西野監督には本当に夢を見させていただいたと思います。

引き続き次回のW杯までお願いした方が、全体的な強化に繋がるような気がします。

正直なところ、日本人監督でやっていってどこが問題なのかという議論が出て来てもいいような気がします。

 

よくW杯での采配経験とか言いますが、今回いくつかあった局面なんて同じような経験はないと思います。

その時々でいかに判断できるかは、やはり選手とどれだけ通じ合っているかと同じ方向をむけるかにかかっているのではないか感じました、


勝利のルーティーン 常勝軍団を作る、「習慣化」のチームマネジメント [ 西野朗 ]

 

まとめ

 

4年に一度の大勝負は一旦幕を閉じましたね。

あとは、数少ないハイレベルな戦いを楽しむしかないです。

今回は、波乱多いのでどこが優勝するかは見えない状態。まずは、日本に勝ったベルギーが次とブラジルとどのような戦いをするかに注目が集まります。

 

次のカタールW杯は、2022年。

日本代表のメンバーは大きく入れ替わっていくことでしょう。

おそらく最初の頃は若いメンバーが増えて、今回見たイメージからは程遠いものになっていくと思われますが、4年間一緒に成長していくことを願って応援していきましょう。