時間密度を濃くして、あなたの未来を引き寄せるお手伝いをします

トレーニング記録と金足農業高校 2018年8月17日

フィットネス日記

ちょっと甲子園が忙しすぎて更新が遅れしまいました。

先週の金曜日の記録となります。一応、1週間に4回のトレーニングができました。

しかし、今日は早速高校野球観戦でトレーニングに行けず、明日も決勝戦があるので行けなさそうです。

トレーニング記録

 

・バイク    215kcal

・筋トレ    上半身5種×10回 3セット

・腹筋     3種×30回 3セット

 

なんとか1週間で調子を戻した感じです。

そろそろジム通いを始めてから3ヶ月が経とうとしていますが、なかやまきんに君の筋肉ブログによると初めて3ヶ月で自分自身で変化に気づき、さらに3ヶ月すると周りからも言われるようになるということでした。

 

自分自身の変化は感じていましたが、ここにきて本当に筋力がついてきたと感じている次第です。

途中、謎のゴルフ肘などでトレーニングに励めない時期がありましたが、気がつけば違和感なく動かせるようになって、トレーニングに励むことができました。

 

なんとかこれからも次の3ヶ月に向けて土台ができたような気がしているので、これからが楽しみです。始めた当初からつい先日まで上半身の筋トレをすると強烈な筋肉痛が残っていたのに、最近は筋肉痛まで行かなくなってきました。

今後は上半身・下半身とみにワンランク負荷を高めて鍛えていくステップに入っていきます。

 

有酸素運動のバイクについては、始めた頃に比べてかなり時間あたりの消費カロリーが上がってきました。そして、イイ感じで汗が出るレベルまで負荷をかけて身体が慣れてきているので引き続き継続していくと、安定した足腰に繋がっていくと考えています。

今週はウォーキングをお休みしましたが、改めてメニューに組み入れていって強度をあげて消費カロリーアップに務めます。

 

当初ダイエットの予定でしたが、体重は減るどころか微増で身体全体がゴツくなってきたように感じます。やっぱりこうなるんだなぁという感じですよね。

金足農業高校

 

以前も甲子園について書きましたが、秋田県代表の金足農業高校の躍進がすごいですね!

ついつい毎試合見入ってしまいます。

農業高校としては、映画「KANO」のモデルとなった台湾の嘉義農業以来の決勝進出。

公立高校としては、10年ほど前の佐賀北高校以来という快挙のようです。

 

もちろん大阪桐蔭も野球だけではない指導ですでに定評のある名門校ですが、今回の金足農業高校は目が離せません!

なにせ大阪桐蔭は全国のエリート集団ですから、すでに選手達の多くはドラフト候補生です。しかし、金足工業はみんな地元の選手達。

それも秋田県ですから、関西と同じような人口密度でもないですからね。

 

そして、金足農業は正直なところ素人の私が見ても、「え、いまの何やってんの?」って思うような下手なプレーをする時があるんですよね。

これがまたハラハラさせられるし、かと思えば試合終盤の勝負所で逆転のホームラン(高校3年間で初めてのホームラン)が出たり、さよならツーランスクイズなんて誰が想像したでしょうか?

そんな野球の面白さを毎試合見せてくれるからこそ、私のようなファンがついてくるんでしょうね。

 

明日は、大阪桐蔭との決勝戦です!

ちょうどお盆あたりから、気温が下がって30℃ぐらいでは過ごしやすくなった感があるので、両校ともベストを尽くせるプレーを期待します。

 

まとめ

 

まさかこれほど高校野球にハマる年がくるとは思っていませんでした。

ちなみに、この金足農業の快挙によって決勝戦21日には、JALが秋田⇨伊丹の臨時便を運行するそうです。

大阪桐蔭の応援に負けずに金足農業も応援団が増えると元気も出るでしょうから盛り上がりますね。

 

【あわせて読みたい】

対談:かくてJALは甦った
人間学を学ぶ月刊誌「致知」2018年8月号 特集テーマ「変革する」において、巻頭の対談特集としてJAL元副社長:佐藤 信博氏と京セラ元取締役執行役員常務:大田 嘉仁氏の対談記事が掲載されています。2010年に起こった日本を代表する名...